メニュー 

Directories 用語集

留学に必要な英語の専門用語集。

アメリカ留学公式ガイドブック - 用語集

用語 説明
A.A. Associate of Arts(文系準学士号/文系短期大学士号)の略語。2年制大学の文系教養プログラムを修了した場合に授与される学位。
A.A.S. Associate of Applied Science(応用化学系準学士号)の略語。2年制大学の商業/技術プログラムを修了した場合に授与される学位。
A.S. Associate of Science(理系準学士号/理系短期大学士号)の略語。2年制大学の理系教養プログラムを修了した場合に授与される学位。
Academic Adviser 授業の登録など、学業に関する相談を受ける教授または専門職員。指導教授。
Academic Calendar 1 年間を数学期に分ける大学の制度。2学期に分けるSemester 制(1学期が17~18 週間)、3学期に分ける Trimester 制(1学期が15~17 週間)、4学期に分ける Quarter 制(1学期が11~13 週間)、4-1-4制(4カ月- 1カ月- 4カ月)などがある。学期ごとに単位を取得する。
Academic Probation 学業不振の学生に対する処分で、仮及第になること。成績があがらないと、一定期間後は退学処分になるという警告。
Academic Year 授業が始まる9月/ 10月から、授業が終わる翌年の5月/ 6月までの1学年間。
Accelerated Program 通常より早い期間で修了する課程。学期中により多く単位を取ったり、夏学期に単位を取ったりすることで課程を加速的に修了する。たとえば、通常4年間の学士課程を3年間で修了すること。
Accreditation 認定。アメリカの教育は国家機関の統制を受けていない。教育機関は国が審査・認定を行うのではなく、民間の特定団体がその役割を果たしており、特定団体の基準を満たすことで、教育機関としての認定を受けられるしくみになっている。詳しくは「文部科学省の不在・認定制度」を参照のこと。
ACT American College Test。大学学部課程(2・4年制大学)の入学に際し要求される適性能力テスト。
Advance Deposit 大学に入学する意思を伝える手紙とともに送る頭金。要求される大学と、されない大学がある。
Advanced Placement 特定科目において、大学1年生がすでに大学1年生レベルと同等のコースを修了している場合、上級コースを取ることができる。
Advanced Placement Program (AP) 高校生向けに College Board が提供する大学レベルのカリキュラムとテスト。38種のコース/テストがある。AP テストの結果によっては、大学の上級コースの受講許可を得たり、大学の単位として認められたりする。AP Central 参照のこと。
Advance Registration 通常の登録に先駆けて行う登録。
Advanced Standing Admission 他大学や高校で取得した単位を認めてもらい、 大学1年生からでなく、2年生、3年生、または4年生として入学すること。
Advisee アドバイスを受ける側の者。
Affidavit of Support 財政援助宣誓書。
Alma Mater 母校、出身校。
Alumnus 同じ学校あるいは大学で学んだり、卒業した同窓生(単数)。複数形は alumni / alumnae。
Application Form 願書。詳しくは「願書(application form)」を参照のこと。
Articulation Agreement 大学間での編入時の要件を定める規定。
Arts and Sciences 人文学(humanities)、社会科学(social science)、自然科学(natural science)、数学(mathematics)、外国語(foreign languages)、美術(fi ne arts)を含む学科。
Assignment 期日までに提出しなければならない課題/宿題。
Assistantship 大学院生に与えられる奨学金の一種。週に10~20時間、学部 学生の授業、学務事務や学問研究に従事する。授業を担当するのはTeaching Assistant(TA)、研究を担当するのはResearch Assistant(RA)と呼ばれている。 アシスタントシップ受給者は通常、学費が免除になったり、少額の給費が受けら れる。
Audit 成績や単位を取らず授業を聴講すること。通常、単位を取る学生と同等 の資格と学費が求められる。
B.A. Bachelor of Arts(文学士号)の略語。4年制大学の文系プログラムを修 了した際に授与される学位。
B.S. Bachelor of Science(理学士号)の略語。4年制大学の理系プログラムを 修了した際に授与される学位。
Big Ten 以下にあげる14 校のこと。Indiana University Bloomington, Michigan State University, Northwestern University(IL 州), Ohio State University, Pennsylvania State University, Purdue University, Rutgers, The State University of New Jersey, University of Illinois at Urbana Champagne, University of Iowa(IN 州), University of Maryland, University of Michigan (Ann Arbor), University of Minnesota-Twin Cities, University of Nebraska-Lincoln, University of Wisconsin-Madison。
Blue Book 論文式の試験の際に解答用紙として使用されるノート。
Bulletin 年1回か隔年1回発行される大学要覧。大学の内容を調べる基本的な参考資料。Catalog ともいう。
Bursar 学費を請求し、学生の支払い記録を管理する大学事務室。Cashierと呼ばれることもある。
Cafeteria カフェテリア。大学が経営するセルフサービスの食堂。レストランより安い。
Candidates Reply Date Agreement (CRDA) National Association for College Admission Counseling(NACAC)加盟校間で結ばれている大学入学候補生の入学承諾に関する協定。この協定に加入している大学は入学志願者が9月に入学希望の場合、その年の5月1日以前までは入学、または奨学金授与の受け入れの意思決定を求めてはならない。協定の目的は入学志願者に、入学校の最終決定をするために、同時に出願している他大学の入学合否状況を聞く時間を確保させることにある。
Carrel 図書館内の個人用机。
Cashier 学費を支払う先の大学事務室または事務員。Bursar と呼ばれることもある。
Catalog Bulletin と同義語。
CBP U.S. Customs and Border Protection の略。米国国土安全保障省 税関・国境取締局。
CDC Centers for Disease Control and Prevention の略。米国厚生省疾病管理・予防センター。
CEAC Consular Electronic Application Center の略。 領事局電子申請センター。
Certificate 通常1~2 年間の特定の分野のプログラムを修了した後に与えられる証書。
Cheating カンニング。カンニング行為は、厳しい処罰を受ける。
Check (Personal Check) 個人小切手。多額の現金を持ち歩く必要のない便利で安全な支払い方法。小切手で支払う金額は、当座預金口座(checkingaccount)から引き落とされる。
CGFNS Commission on Graduate of Foreign Nursing Schools の略。米国外で取得した看護師資格の審査などを行う。 CGFNS International 参照のこと。
Class 在籍する学生の年次を指す。教授が行う授業に登録している学生のグループを指すこともある。
CLEP College-Level Examination Program の略。College Board が提供する大学学部レベルのテスト。33種あるテストは、コンピューターで行われ、大学の単位として認められる。 CLEP 参照のこと。
CliffsNotes 要約本。
Coed 男女共学。
College 大学学部課程。4~5年間で学士号か専門職系学位が取れる。単科大学。または総合大学(University)の一部。
Commencement 卒業式。
Common Application 米国の大学学部課程出願の際、多くの大学が共通で利用する願書の様式。The Common Application 〈 https://www.commonapp.org 〉 参照のこと。
Community College 公立の2年制大学で、一般にコミュニティカレッジと呼ばれている。地域(コミュニティ)の財政で運営されているため、地域のニーズに合った教育を提供している。詳しくは「アメリカ大学・大学院留学の基礎知識 B. 大学学部課程(2年制大学・4年制大学) 1.2年制大学」を参照のこと。
Conditional Admission 全ての入学基準を満たしていない場合に条件付きで入学を認めてもらうこと。条件を満たし、正規の勉学ができるようになるまでは仮入学期間となることもある。詳しくは「アメリカ大学・大学院留学の基礎知識 B. 大学学部課程(2年制大学・4年制大学) 4.アメリカの大学学部課程の特徴 3)条件付入学(Conditional Admission)」を参照のこと。
Consortium 近隣地域に複数の大学がある場合に、それらの大学が集まってつくる会員制の共同体。加盟校の学生は自校のみならず他校の図書館を利用できたり、自校では取れないコースを他校で取ることができる。また、加盟校が合同で主催するパネルディスカッション、特別講義、講演会など、文化的・教育的な機会に参加できる特典がある。
Continuing Education 高卒、大卒者を対象にした高等教育レベルの教育機会。生涯教育ともいわれる。
Co-op 大学の協力および承認を得て学生が経営する店。生協。書籍、学用品、コンピューターなど、学生の必需品を低価格で買うことができる。学生経営のスーパーマーケットでは食料品も売られていることがある。
Cooperative Education (Co-op) 学生の専攻分野内で、学内の勉学と学外の実習による職務経験を組み合わせた教育法で、いわゆる産学協同プログラムのこと。 準学士から博士課程まで全ての高等教育課程で実施されているが、大学学部課程が一番多い。実習で働いた分には給与が支給される。全日制(フルタイム)も定時制(パートタイム)もある。所定の認可を受ければ、留学生も参加できる。
Core Curriculum 特定の学位を取得するためのひとつの要件として大学が指定する多様な科目の集合体。必修科目と同義。
Course 授業科目のこと。
Course Load 1学期に取る単位数。
Course Number Course につけられた番号。たとえば、“applied linguistics I”(応用言語学講座Ⅰ)は、“linguistics 236”(言語学236)など。
Course Registration 講座/授業登録。
CPT Curricular Practical Training の略。
Cram テスト直前にするテスト勉強。一夜漬けといわれ、好ましい勉強方法ではない。
Credential Evaluation アメリカ以外で授与された学位や成績等を、アメリカ国内の基準に従って評価すること。専門機関を通したサービスは有料。
Credit コース修了の際に与えられる単位のこと。通常、1週間の授業時間数で表される。1単位は1学期間を通して、1週間につき50分の授業で取得できる単位数に相当する。
Cross-Registration 大学間協定により、学生が他校の授業を取ること。その際、学生は他校へ正式に出願する必要はない。詳しくは「アメリカ大学・大学院留学の基礎知識  D. その他特殊プログラム 3.学部課程・大学院共通 」 を参照のこと。
Cumulative GPA Overall GPA ともいう。取得した全ての科目のGPA。GPA を参照のこと。
Curriculum Vitae (CV) 履歴書。Resume ともいう。
Cut Class 授業を意図的に欠席すること。
DAT Dental Admission Test。歯科大学(dental school)の入学に際して要求される適正能力テスト。DAT 参照のこと。
Deadline 提出期限。Due ともいう。
Dean 学部長。総合大学には複数の学部があり、各学部に学部長がいる。
Dean’s List ある学期で高成績を取った学部学生名の一覧。毎学期掲示され、このリストに載ることは名誉なことである。
Deferral Early decision またはearly action で出願した学生の入学決定が据え置かれ、regular admission と一緒に審査されること。Regular admission で出願した学生の場合は、最終の合否決定に際し、さらなる情報が必要であるということ。
Deferred Enrollment 入学許可された学生の入学時期を延期することを認める制度。Deferred admission とも呼ばれる。
Deferred Tuition Payment Plan 学費や寮費など大学に納入する費用を分割払いにする制度。
Degree Seeking Student 学位取得を目的としている学生。Matriculated Studentとも呼ばれる。
Deposit 手付金。
DHS Department of Homeland Security。米国国土安全保障省。
Discussion Group 教授の行った講義内容を討議するために、教授またはアシスタントと会合を持つ学生のグループ。
Dismissal 学生処分のひとつで、停学か退学の処分がある。学業不振か、好ましくない行為が原因となる。
Dissertation 独自の研究の成果をまとめた正式な論文。博士号を取得するための条件のひとつ。
Distance Learning 通信/遠隔教育。
DMV Department of Motor Vehicles。
Domicile 法的な居住地または本籍地。
Dormitory(Dorm) 学校または民間で運営している寮。通常、バス・トイレは共有で、一般的にはキッチンは付いていない。個室、ルームメイトと共有の部屋、女子寮、男女共同の寮、大学院生寮など、さまざまなタイプがある。Residence Hall ともいう。
Double Major 同時に2つの専攻科目を取ることのできるプログラム。
Drop or Add 一定期日までに登録したコースを取り消したり、新たにコースの登録をしたりすること。
Drug Store 処方箋に基づいて薬を調合する薬剤師のいる店。アスピリンなど、処方箋不要な大衆薬も売っている。また、包帯、バンドエイド、体温計などの医療品、文房具、菓子類、タバコ、化粧品、雑誌、グリーティングカードなどの雑貨も置いてある。
Dry Campus アルコールが禁止されているキャンパスのこと。
DS-160 日本では、2010年3月29日の面接より使用開始されたオンラインビザ申請書。
DS-2019 交流訪問者の身分で特定の教育目的を行う人のためのプログラムを実施する団体として米国国務省・教育文化局ECA(Bureau of Education and Cultural Affairs)から指定を受けた学校や機関が発行する書式。交流訪問者(J-1)ビザを申請するときに必要な書類。
DSO Designated School Offi cial(I-20などの書類を扱う大学の指定官、多くの場合、留学生アドバイザー)の略語。
DSST Prometric が提供する大学学部レベルのテスト。38種のテストがあり、大学の単位として認められる。DSST 〈 http://getcollegecredit.com 〉 または 〈 http://ac.prometric-jp.com/dsst/dsst_index.html 〉 参照のこと。
Dual Enrollment 高校在籍中に大学の単位も取得すること。
EAD Employment Authorization Document の略。From I-766。雇用許可証。
Early Action (EA) 早期決定方式で入学決定が行われること。一般的に、願書締め切りは11月頃に設けられており、合否判定・結果通知が出るのも通常より早く12月15日頃。5月1日以前まで入学の意志決定をする必要はなく、また特に制限のないearly action の場合、他校への出願も可能。early notification ともいわれる。
Early Admission 高校を修了していない特別な学生を入学させる大学の制度。通常、junior year(日本では高校2年生)を修了している特別才能者が対象になり、正式なフルタイム学生として大学に入学する。
Early Decision (ED) 入学許可されたら必ず入学するという学生に対し、早期決定方式で入学決定が行われること。この方式で出願するためには学生側から申し出ることが必要である。一般的に、願書締め切りは11月頃に設けられており、合否判定・結果通知が出るのも通常より早く12月15日頃。
Elective 選択科目。
ELTiS The English Language Test for International Students の略。SLEPに替わり、主に米国の高校留学の際、英語能力証明として用いられるテスト。ELTiS 参照のこと。
English as a Second Language(ESL) 第1 言語(母語)が英語でない者を対象にした英語教育。
Escort Service 夜間などに大学構内を移動する際、安全な場所まで護衛してくれるサービス。
Evening College 大学の夜間部で、主に成人を対象にし、パートタイムで大学の授業が取れる。
Extension 高等教育機関で提供される各種生涯教育プログラム(公開講座)。
Extension of Stay 外国人が当該国に入国の際に決められた滞在許可期間を延長すること。
External Degree 自由学習・自主研究、適性試験、経験などを基に単位を取得すること。必ずしも授業出席が求められない。
Extracurricular Activities 運動部や文化部などの課外活動。
Faculty 大学教授(陣)。また、学部を指すこともある。
FAFSA Free Application for Federal Student Aid の略。米連邦政府の財政援助を得るために必要な書類。米国教育省(Department of Education)が管轄。
Family Educational Rights and Privacy Act 家族の教育権利とプライバシー法。Buckley 改正法とも呼ばれている。1974年の州法および連邦法により、学生は自己の教育記録を調べる権利が保障されることになった。これにより、権利を放棄しない限り、大学に提出された、自分に関する推薦状を学生自身が見られるようになった。
Federal Work-Study (FWS) 財政援助が必要な学生に仕事を供給する米連邦政府のプログラム。通常、学生には少なくとも政府の定める最低賃金が支払われる。仕事は大学または公私立非営利団体で斡旋される。
Fee 特別サービスにかかる経費。遅滞登録費、卒業費、出願料などがある。
Fellowship 通常、博士課程の学生に与えられる奨学金を示す。フルタイム学生の授業料、そのほか教育費、生活費などが支給される。
Final 期末試験。
Financial Aid 奨学金、ローン、助成金など、学生に与えられる資金援助。
First Professional Degree 特定の職業の専門家になるための必要な学位。学問的な要件を満たしたときに与えられる。専門分野(建築学、薬学、歯学、法学など)のプログラムに入学するには、少なくとも2~4年間の大学課程を修了していることが求められ、プログラム修了までに最低6~ 8年間の専門教育が必要になる。
4 - 4 -1 1学年間を4カ月の2学期とその後に1カ月の集中講座、自由研究、学外学習など、異なる教育形態を挿入する学期のシステム。
4 -1- 4 1学年間を4カ月の2学期とその間に1カ月の集中講座、自由研究、学外学習など、異なる教育形態を挿入する学期のシステム。
Fraternity 男子学生が一軒家に共同で住む社交組織。規則や目的が組織によりおのおの異なる。これに対し、女子学生のための組織は、Sorority と呼ばれる。
Freshman 高校、大学の1年生/新入生(アメリカの高校は多くの場合、9年生[日本の中学3年生]~ 12年生[日本の高校3年生]までとなっている)。
Full-time Student 大学で定められた単位数(またはそれ以上)の授業を登録している学生。留学生はフルタイムの学生でなければならない。ほとんどの大学では、大学学部課程の学生は semester制の場合で1学期間に12単位以上、大学院生は9 単位以上取得しなければならない。状況に応じて異なる場合があるので、詳しくは留学生アドバイザーに確認すること。
Gap Year 主に高校卒業から大学入学まで、ある一定期間を休学することを指す。
GED General Educational Development。American Council on Education (ACE) が運営。日本での「高等学校卒業程度認定試験」(旧:大学入学資格検定)に相当し、合格すれば高校卒業と同等の資格を得ることができる。詳しくは「学業成績」を参照のこと。
GMAT Graduate Management Admission Test。経営大学院(ビジネススクール[business school])の入学に際して要求される適正能力テスト。
GPA Grade Point Average の略。個々の学生の全体的な学力を評価する方法で、学業成績平均点と呼ばれ、多くの大学で用いられている。まず、修了した各コースの成績点を決定し、成績点の総和を総単位数で割って算出する。成績点は学生が取得した各コースの成績にそのコースの単位数をかけて求める。成績を数値で表す最も共通な方法は A = 4、B = 3、C = 2、D = 1、E または F = 0 とする。Quality-point average とも ratio とも呼ばれている。GPA 換算方法は「学業成績」を参照のこと。
Grading System 成績評価法。多くのアメリカの学校や大学は学生の成績評価をアルファベット文字で表す方法を採っている。Aが最もよい、Bがよい、Cが平均、Dが平均以下、Fが不合格の順である。通常、学部生が学籍を維持するためには C 以上、大学院生は B以上の成績が求められる。合格点の P(pass)、満足点の S(satisfactory)、非単位取得点の N(no credit)も用いられる。百分率では100%が最高点、60%が合格ラインの最低点である。
Graduate 大学院課程。卒業生。
Graduate Assistant Assistantship を参照のこと。
Grant 大学生および大学院生に与えられる給費。
Grants-in-aid 学業の優秀性は選考の対象に含まれない資金援助のひとつ。主に学生の経済的必要性に基づく。
GRE Graduate Record Examinations。主に学術系大学院(graduate school)の入学に際して要求される適正能力テスト。General Test とSubject Test がある。
Greek Life Fraternity、Sorority を参照のこと。
Hispanic-Serving Institutes ラテン・アメリカ系アメリカ人の割合が、フルタイムの学部生徒数が全校生徒数の25%以上を占める大学。
Historically Black Colleges and Universities (HBCUs) 歴史的に、アフリカ系アメリカ人への教育を第一としている大学。
Honor Code 主に学業に関する倫理規定。
Honors Program 非常に有能な学生を対象としたプログラム。これらの学生の能力をより高めることができるよう、自由研究の機会を与えたり、教育の進度を加速させたりする。
I-20 “Certifi cate of Eligibility for Nonimmigrant (F-1) Student Status ? For Academic and Language Students” または“Certifi cate of Eligibility for Nonimmigrant (M-1)Student Status ? For Vocational Students”。フルタイムの教育課程への入学資格ありと認める正式な入学許可書。学校が留学生に発行する。学生ビザ申請時に必要な書類。
I-94 Arrival/Departure Record。アメリカ出入国記録のこと。2013年4月30日より自動化(電子記録化)された。
I-515A Notice to Student or Exchange Visitor。アメリカ入国の際、必要書類がそろっていなかった場合に手渡されるフォーム。米国国土安全保障省(DHS) “Study in the States ─ What is a Form I-515A?” 〈 http://studyinthestates.dhs.gov/515a 〉 参照のこと。
I-539 Application To Extend/Change Nonimmigrant Status。滞在資格の変更などの際に用いられるフォーム。米国国土安全保障省 市民権・移民局(USCIS)“Application To Extend/Change Nonimmigrant Status” 〈 http://www.uscis.gov/i-539 〉 参照のこと。
I-765 Application for Employment Authorization。米国国土安全保障省 市民権移民局(USCIS)へ就業許可(OPT など)を得るために提出する書類。米国国土安全保障省 市民権・移民局(USCIS)“Application for Employment Authorization” 〈 http://www.uscis.gov/i-765 〉 参照のこと。
I-766 Employment Authorization Document。I-765 が受諾された際に発行される雇用許可証。
I-901 Fee Remittance for Certain F, M and J Nonimmigrants。学生/交流訪問者ビザ申請者に義務付けられている SEVIS 管理費の支払い用紙。
IB International Baccalaureate の略。国際バカロレア。
ICE Immigration and Customs Enforcement の略。SEVIS を管理する国土安全保障省 捜査・取締局。
I.D.(Identifi cation)Card 学生身分証明書。大学内外で使われ、特にパーソナルチェックを現金化するときなどに必要になる。授業登録期間に発行される。
IELTS International English Language Testing System の略。英語能力テスト。
Incomplete Grade 特定のコースをやり残したときに与えられる暫定的な成績点。正当な理由が求められる。授業の修了条件を満たしたときに正式な成績点がつけられる。
Independent Study 特定のコースにおいて、自由学習や自主研究をして単位を取得する方法。専攻分野内で honors program の一部として行われることもあり、その際は指導教授の監督を受ける。
Individual Taxpayer Identifi cation Number (ITIN) 内国歳入庁(IRS)より交付される個人用納税者番号。Social Security Number 取得資格のないものに対し、連邦所得税の納税目的にのみ使われる。
Interdisciplinary いくつかの分野にまたがり、それらが相互に関係している学問を学ぶプログラム。たとえば、国際関係学は、この分野に関連した学科(政治学、経済学、行政学、外国語、地域研究など)によってカリキュラムが組まれ、学位を得る。
International Student Adviser( ISA) 留学生アドバイザーで、大学、地域、米国政府機関(米国国土安全保障省[DHS]など)と留学生との橋渡し役を務める。 Foreign Student Adviser(FSA)とも呼ばれている。
Internships 監督下における短期間の職務経験。通常、学生の専攻分野に関連した仕事をする。単位として認められることもあるが、そのほかにもフルタイム/パートタイム、職場が学内/学外、有給/無給など、条件はさまざまである。教育実習や職人見習などが例にあげられる。
INS 旧米国移民帰化局(Immigration & Naturalization Service)。2003年3月1日以降、国土安全保障省に統合され、米国市民移民局BCIS(Bureau of Citizenship and Immigration Services)と名称変更された後、2004年に市民権・移民局USCIS(U. S. Citizenship and Immigration Services)にさらに名称変更された。
IRS Internal Revenue Service。内国歳入庁。日本の国税庁にあたる機関。
Ivy League 以下にあげる8 校のこと。Brown University (RI 州), Columbia University (NY 州), Cornell University (NY 州), Dartmouth College (NH 州), Harvard University( MA州), Princeton University( NJ州), University of Pennsylvania, Yale University( CT州)。
Junior 高校や大学の3年生。(アメリカの高校は多くの場合、9年生[日本の中学3年生]~ 12年生[日本の高校3年生]までとなっている)。
Junior College(JC) 教養課程と職業訓練課程がある2年制大学で、公立と私立がある。2年間の課程を修了後は A.A. か A.S. の学位が、短期学習を修了後は修了証が取得できる。公立の場合、Community College とも呼ばれる。詳しくは「アメリカ大学・大学院留学の基礎知識 B. 大学学部課程(2年制大学・4年制大学) 1.2年制大学 」を参照のこと。
Laundromat 日本ではコインランドリーという。コイン式全自動洗濯機、乾燥機、ドライクリーニング機が置いてある。利用者は洗剤類を持参する。クリーニングに出すより割安になる。
Laundry クリーニング店。
Leave of Absence 学業に問題のない学生が取る休みで、一定の休学期間後、元の学習に戻る。
Lecture 講義。
Legacy Applicant 両親や祖父母に出願大学の卒業生がいる出願者。Legaciesとも呼ばれる。
Liberal Arts 教養学。“Liberal Arts and Sciences” とも “Arts and Sciences” とも呼ばれる。さまざまに定義付けされているが、どれも人文科学(語学、文学、哲学、芸術など)、社会科学(経済学、社会学、文化人類学、歴史学、政治学など)、自然科学(数学など)を含んでいる。
Liberal Arts College 教養学または大学学部課程のプログラムに重きを置いている大学。詳しくは「アメリカ大学・大学院留学の基礎知識 B. 大学学部課程(2年制大学・4年制大学) 2.4年制大学 」 を参照のこと。
Loan 大学学部課程の学生を対象にした教育ローン。大学を卒業後、または中退した後、貸与金を返金するか、奉仕の形で還付する。アメリカではほとんどの場合、留学生はローンを得る対象にはならない。
Lower Division 1年生と2年生のレベルで、学士課程の1年目と2年目を指す。
LSAT Law School Admission Test の略。法科大学院(ロースクール[law school])の J.D. プログラムの入学に際して要求される適正能力テスト。
M.A. Master of Arts(文学修士号)の略語。大学院の1~ 2年プログラムを修了したときに取得できる学位。
M.S. Master of Science(理学修士号)の略語。大学院の1~ 2年プログラムを修了したときに取得できる学位。
Major Field of Study (Major) 専攻分野。
Makeup Exam 追試。再試験。
Matriculated 特定の学位を取得するために入学を許可されること。
MCAT Medical College Admission Test の略。医科大学(medical school)の入学に際して要求される適正能力テスト。 MCAT 参照のこと。
Merit-based Financial Aid 秀でた能力(学業成績、芸術的/身体的能力、リーダーシップなど)を有する学生に支給される財政援助。
Mid-Term 学期の中間に行われる試験。
Minor Field of Study (Minor) 副専攻分野。
Multiple-Choice Exam 多肢選択方式の試験。
National Candidates Reply Date 5月1日。詳しくは、Candidates Reply Date Agreement(CRDA)を参照のこと。
NCAA National Collegiate Athletic Association の略。全米の大学対抗競技会を管理運営するボランティア団体。大学および競技連盟がその構成メンバーとして運営に深くかかわる。公平で安全に大学対抗競技会を運営する目的で設立され、高等教育で学生の文武両道を目指す。
Need-based Financial Aid 経済的に困難があるとみなされる学生に対して与えられる財政援助。
Need-blind Admission 財政能力(家庭の経済状況)を合否の判定材料に使用せず、合否決定後、財政援助が必要とみなされた場合には、必要に応じた財政援助が与えられるという入学制度。Full need ともいわれる。
Non-Degree (Seeking) Student 学位取得を目的としない学生。 Nonmatriculated student とも呼ばれる。
Non-Matriculated 学位取得を目的としないで大学に在籍する学生。Non-degree student とも呼ばれる。条件付き入学などで、まだ正式には入学を許可されていない学生を指すこともある。
Nonresident: Nonresident 公立大学に通う学生のうち、州や市の居住者資格を持たない学生。居住者学生と非居住者学生とでは授業料や入学審査基準が異なることがある。留学生は一般に非居住者学生とみなされ、授業料減額措置のために居住者学生の扱いを受けることはできない。ほとんどの公立校では学生ビザを持っている留学生を居住者学生としては認めていない。
Notarization 公証。財政能力証明書の一部に公証人(notary public)のサインをもらうように要求してある場合は、米国大使館/領事館に出頭し保証のサインをもらう(有料)。「財政能力証明書(statement of financial support)」を参照のこと。
Office Hours 学生の相談や質問に応ずるために設けられた教授の時間帯。この間にはいつでも教授を訪れることができる。
Open-Book Exam 試験中に教科書の持ち込みを可とする試験。
Open Admission 入学希望者全員を入学させる大学の入学方針のこと。高校の成績、取得科目、入学適性テストの結果などにかかわらず、入学希望者は空席がある限り入学できる。
OPT Optional Practical Training の略。
Oral Exam 口頭試験。教授が学生に口頭で質問する試験。
Orientation オリエンテーション。新入生対象の説明会。
Part-Time Employment 週20時間までの就業。学内の仕事は留学生アドバイザーの書面による許可が必要になることもある。学外の仕事は留学生アドバイザーの推薦状が必要である。学外の仕事は、通常1年間の勉学を修了していないと就くことができない。
Part-Time Student フルタイムの学生よりも少ない単位数の授業を取る学生で、パートタイム学生と呼ばれる。留学生はパートタイム学生として入学できない。
Pass-Fail Grading System 段階評価法を用いずに、合格か不合格のいずれかの評定で決定する成績評価法のひとつ。
Ph.D. Doctor of Philosophy(博士号)の略語。アメリカの教育における最高学位。証書には特定専攻分野における哲学博士と表記される。学術研究向けの学位。
Plagiarism 他人の考えや著作などを自分のものとして用いること。剽窃(盗用・盗作)。アメリカでは重罪とみなされる。文献引用の際、しかるべき表記を行わなければならず、ときには出版物使用の許可を取り付けなければならない。
Point 単位(Credit や Unit)と同義に使われる。5段階成績評価法(4 ポイント= A、3 ポイント= B、2 ポイント= C、1 ポイント= D、0 ポイント= F)を指すこともある。
Pop Quiz 学生の理解力を測る予告なしの小テスト。
Practical Training F-1 学生の身分の範囲内で行える、実習を目的とした雇用機会。留学生が専攻分野に関連する実習を一定期間行うためには米国国土安全保障省 市民権・移民局(USCIS)に許可申請しなければならない。CPT(Curricular Practical Training)とOPT(Optional Practical Training)がある。
Pre-requisite ある授業を取るために前もって取得しておかなければならない基礎科目や単位。たとえば、応用会計学を取るためには基礎会計学を取っておくことが条件。
Probation Academic Probation を参照のこと。
Professional School 経営学、医学、歯学、法学、工学、音楽、美術、神学などの分野で専門職養成のための学部や大学。2~8年間の修学期間が必要。大学から独立している機関の場合もある。詳しくは「 アメリカ大学・大学院留学の基礎知識 C. 大学院課程(修士課程・博士課程) 2.修士課程」 を参照のこと。
Professor Emeritus 名誉教授。退官した教授に与えられる学術的な肩書。
Proofreading 文章の文法の誤りや内容が明確かを第三者に校正してもらうこと。
Prospective Student 入学希望者。
PSAT/NMSQT Preliminary SAT / National Merit Scholarship Qualifying Testの略。米国の高校生が受けるSAT の模擬試験。National Merit Scholarship Program(アメリカ人対象の奨学金制度)応募資格としても使用される。 PSAT/NMSQT 参照のこと。
PTE Academic Pearson Test of English Academic の略。英語能力テスト。
Qualifying Examination 博士課程の学生が、定められた量のコースワークや研究を修了後、総合的な学力や専門知識・研究能力を審査するために受ける試験。Comprehensive examination とも呼ばれる。この試験に合格して初めて博士号の候補生(doctoral candidate)となることができ、その後、博士論文(dissertation)執筆のための研究に取りかかる。
Quarter 1年間(12カ月間)を4期に分けた学期制度。クオーター制と呼ばれる。1学期間が11~13週間で、通常秋学期は9月、冬学期は1月、春学期は4月、夏学期は6月頃から始まる。夏学期は、さらにいくつかの短い学期に分けられることが多い。
Quiz 小テスト。予告される場合とされない場合がある。Pop Quiz を参照のこと。
Readmission 以前在籍していた学生の再入学を認めること。
Registrar 学生の学業成績記録を管理する大学職員。
Registration 各学期に行う科目登録。
Religiously Affiliated Colleges 私立大学で、宗教的教養とかかわっている大学。歴史的(形式的)な大学もあれば、宗教教育が学生の日常生活にまでかかわる大学もある。
Remedial Courses 特定分野で学生の苦手な部分を救済するための補習講座。単位取得の対象にはならない。
Remedial English 英語力の足りない学生のための英語の授業。ライティング、スピーチなどがその例。
Required Courses 学位を取得するための必須科目。
Research Paper 研究結果をまとめ、独自の考えを加えた論文。
Residence Hall 学生寮。Dormitory と同じ。
Residency Requirement ほとんどの大学では学生の卒業条件として、その大学で取らなければならない最低単位数を設けている。編入した際に他大学で取得した単位や、自主研究で取得した単位と区別するものである。また、公立(州立)大学の場合、州民対象の授業料を払う資格を得るためにその州内に居住した最低期間を指す場合や、特定の種類の J-1 交流訪問者がアメリカ滞在修了後、自国に居住しなければならない一定期間を指す場合もある。
Restrictive Early Action (REA) 早期決定方式で入学決定が行われること。Early Action(EA)との違いは、早期決定方式(Early Action (EA), Early Decision(ED) など)で他大学に出願してはならないという制限があること。
Retention Rate 大学学部1年生/新入生が翌年(2年目)も同じ大学に復学する割合。
Rolling Admission 願書一式を提出次第、審査が行われて、入学志願者の合否の結果を順次出す入学審査のこと。
Room and Board 食事付き学生寮にかかる費用。
ROTC Reserve Offi cer Training Corps の略。特定の大学で米国空軍、陸軍、海軍と共同で行われるプログラム。
Sabbatical Leave 一定の継続勤務年数ごとに、大学教授に与えられる研究休暇。
SAT Scholastic Assessment Test の略。米国の大学学部課程の入学に際し要求される適性能力テスト。SAT Reasoning Test と SAT Subject Tests の2種類がある。
Savings Account 利息のつく銀行の預金口座。
Scholarship 学生に支給される教育を受けるための助成金、奨学金、授業料免除など。
Second-Bachelor’s Student 学士(編)入学生。Post-undergraduate student とも呼ばれる。詳しくは 第2学士号(second bachelor) 参照のこと。
Secondary Education 中等教育。日本の中学・高等学校にあたる。
Second-Hand Bookstore 古本屋。
Semester 1学年間(通常8・9月~翌5・6月)を2期に分けた学期制度。セメスター制と呼ばれる。1学期間が17~18週間で、秋学期は8・9月から、春学期は1月から始まる。6~8月に夏学期を設けている大学もある。
Semester at Sea 学期中の一定期間、調査船などに乗って洋上で過ごすプログラム。
Seminar 授業の形態のひとつで、日本ではゼミに近い。何をどのように勉強したいか、学生同士が話し合い、決めていく。誰が何を研究するかを決定し、研究の成果や考えを学生が発表する。担当教授は司会の役割を果たす。
Senior 高校、大学の4年生/ 最終学年(アメリカの高校は多くの場合、9年生[日本の中学3年生]~ 12年生[日本の高校3年生]までとなっている)。
Seven Sisters 以下にあげる7大学のこと。元は女子大学として設立された。Barnard College( NY州), Bryn Mawr College( PA州), Mount Holyoke College( MA 州), Radcliffe College (MA 州、現在のRadcliffe Institute for Advanced Study Harvard University), Smith College( MA州), Vassar College( NY州、現在は共学), Wellesley College( MA州)。女子大としては現在は5大学。
SEVIS Student and Exchange Visitor Information System の略。米国国土安全保障省 捜査・取締局(ICE)が管理するデータシステム。米国における留学生・交流訪問者の出入国、住所、参加プログラム、滞在身分など全ての情報が管理されている。このシステム上で入力され、バーコードが印字された I-20 / DS-2019でないとビザ申請ができない。
Sign-Up Sheet ある行事や活動に参加するときの申し込み登録票。
SLEP Secondary Level English Profi ciency Test の略。主に米国の高校留学の際、英語能力証明として用いられる英語能力テスト。2012年6月で中止され、TOEFL Junior Test が代替となる。
Social Security Number(SSN) 米国社会保険管理局で用いられる9 桁の番号。
Sophomore 高校や大学の2年生(アメリカの高校は多くの場合、9年生[日本の中学3年生]~ 12年生[日本の高校3年生]までとなっている)。
Sorority 女子学生が一軒家に共同で住む社交組織。規則や目的が組織によりおのおの異なる。男子学生のための組織は fraternity と呼ばれる。
Special Standing Admission 志願者の年齢、各種テストの結果など、特性要素を考慮してもらって大学に特例入学すること。通常、一般入学基準を満たしていない者に適用される。
Special Student 学位取得を目的としない学生。Non-degree student と同じ。
SSAT Secondary School Admission Test の略。英語と数学のテストで、米国の高校入学の際に必要な判定テスト。SSAT参照のこと。
STEP EIKEN 実用英語技能検定(英検)の英語名称。留学の際の英語能力証明として認めている大学もある。
Stipend 奨学金として支払われる給費。
Student-Designed Major 学生の希望する分野が特殊で、大学では正式に学部やプログラムとしては設けられていないが、学生の要望に応じて、独自のカリキュラム構成で、学生がコースを履修し、学位を取得する教育制度。非伝統的かつ学際的な性格を持つ分野に限られ、指導教官または委員会の承認により学生の力で開発される専攻分野である。
Student Evaluation 学生による教授やクラス内容の評価。
Study Abroad 大学教育プログラムの一部として学生が参加できる海外留学の機会。多くの場合、大学3年次に行われ、1学期間、あるいは夏期にこのプログラムに参加する。大学自体が海外にキャンパスを持つ場合や、ほかのアメリカの大学や他国の大学との共同プログラムの場合もある。
Study Skills カレッジスキル。より効果的、かつ効率的に勉強する技術。勉強のスケジュールの立て方や勉強の方法、異なった学問分野の勉強のしかたなどがある。具体的には、論文の書き方、討論・研究発表の方法、速読、ノートの取り方、図書館やコンピューターの利用方法などがこれに含まれる。
Sublet 転貸。
Suspension 停学処分のこと。
Syllabus 開講されるコースで行われる授業の概要が記されたもの。オンラインで公開されていることもあるが、通常、最初の授業で配布され、授業内容・日程、試験方法・日程、教科書、宿題(reading assignment、レポートなど)、実験、実習、成績のつけ方などが書かれている。
Take-Home Exam 自宅に持ち帰って受ける試験。
Teacher Preparation 小学校から高校までの教員免許を取るための要件を満たす教職課程。
Technical Institutes 2~3年間の准学士課程技術訓練プログラム。
Tenure 大学教授の終身在職権。
Term 1学年間をいくつかに分けた期間。1学期。
Terminal Degree 特定専攻分野における最高学位。多くの分野では、Ph.D.(博士号)がそれにあたるが、専門職系大学院(プロフェッショナルスクール)では、terminal master と呼ばれ修士のみで課程が修了する分野もある。
Terminal Program 卒業後すぐに就職する学生向けにつくられた教育プログラム。高校卒業後、4年間以内に修了できるプログラムで、コミュニティカレッジ、職業・技術訓練学校などでよく行われている。
Thesaurus 同義語辞書。同語を用いずに文章を書く場合に便利である。
Thesis 勉学と研究の成果をまとめた正式な論文で、上級学位を取得するときに提出する。普通は修士論文を指す。
3 - 2 Program 5年間(学士課程3年間+修士課程2年間)で学士号と修士号の両方の学位を取得できるプログラム。
TOEFL Test of English as a Foreign Language の略。英語能力テスト。
TOEFL Junior Test of English as a Foreign Language Junior のこと。中高生(11~15歳)対象の英語能力テスト。TOEFL Junior 〈 http://www.ets.org/toefl_junior 〉 または 〈 http://gc-t.jp/toefljunior 〉 参照のこと。
Transcript 成績証明書。
Transfer 他大学に転/編入学すること。
Trimester 1年間(12カ月間)を3期に分けた学期制度。トライメスターと呼ばれる。1学期間が15~17週間で、通常、秋学期が9月、冬学期が1月、春・夏学期が5月から始まる。1学期が、いくつかの短い学期に分けられることもある。
True-False Examination 質問に対して、「正(True)」か「誤(False)」で答える試験。
Tuition 大学が正規の授業に課す授業料。授業料には教科書代は含まれていない。年間の授業料、“tuition and fees” は1学年間のフルタイムの勉学にかかる費用で、コース登録料、学生活動費など諸費用も含まれることが多い。
Tuition Waiver Financial Aid(教育資金援助)のひとつで、授業料免除のこと。学生に直接、給費されないが、授業料は支払わなくてもよい。
Undergraduate 大学学部課程。
Unit 単位。Credit と同じように使われる。
United Nations Semester ニューヨーク市内の大学授業を受講しながら国際連合でインターンシップを行うプログラム。
University 教養学部、理学部、工学部、プロフェッショナルスクール、大学院などで構成されている総合大学。学士課程(4年間)や技術訓練課程、大学院課程(2~5年間)までを含む。
University Extension 社会人のための高等教育機関で生涯教育プログラム各種が提供され、そのほか、通信コース、討論会や会議などが用意されている。
Upper Division 大学学士課程の3、4年次または5年次に該当するプログラム。
Urban Semester 1学期間、主要都市(フィラデルフィア、シカゴ、ニューヨーク、デンバー、サンフランシスコなど)で授業だけでなく、インターンシップなどの体験を通して大都市の複雑さを学ぶプログラム。
USCIS U.S. Citizenship and Immigration Services の略。米国国土安全保障省 市民権・移民局。移民にかかわる事項を統括している。
USMLE United States Medical Licensing Examination の略。米国医師資格試験。USMLE 参照のこと。
Vaccination 予防接種。アメリカでは、入学に際して、ジフテリア(diphtheria)、麻疹(measles)、ポリオ(poliomyelitis)、風疹(rubella)に対して免疫があるという証明が必要。州により必須となっている証明が異なる。
Visiting/Exchange Student 交換留学生。
Waitlist 補欠名簿。
Washington Semester ワシントンD.C. にある政府関連機関でインターンシップを行うプログラム。
Weekend College 週末にのみ大学に通い学位を取得するプログラム。専門分野が限られ、また卒業までには通常より時間がかかる。
Withdrawal 退学のこと。大学に通知しない限り、正式な退学と認められない。
Work-Study 専攻分野に関連する実習をするために、1学期間フルタイムで働くという、「働きながら学ぶ」プログラム。プログラムの種類によっては、留学生も出願できる。Federal Work Study(FWS)の略語として使われることもある。
Yield 合格者の中で実際に入学した学生のパーセンテージ。