メニュー 

Directories 奨学金制度
G.返済義務のある奨学金、公的機関からの教育ローン

日本学生支援機構「第一種奨学金(海外大学院学位取得型対象)」

応募資格 「海外留学支援制度(大学院学位取得型)」の採用者で経済的理由により修学に困難があると認められる人。
給付内容 修士課程相当:月額5・8.8万円から選択
博士課程相当:月額8・12.2万円から選択
応募時期 日本国内の在籍校または出身校に問い合わせること(「海外留学支援制度(大学院学位取得型)」に個人応募で採用された人は、日本学生支援機構に問い合わせること)。
問い合わせ先 日本国内の在籍校または出身校(「海外留学支援制度(大学院学位取得型)」に個人応募で採用された人は、日本学生支援機構)。
基本情報は、http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/1shu_gakui.htmlで確認できる。

日本学生支援機構「第一種奨学金(海外協定派遣対象)」

応募資格 「海外留学支援制度(協定派遣)」の採用者(海外の高等教育機関などへの留学期間が3か月以上の者に限る)で経済的理由により修学に困難があると認められる人。
給付内容 国内の第一種奨学金と同じ
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/type/1shu/index.html)。
応募時期 日本国内の在籍校に問い合わせること。
問い合わせ先 日本国内の在籍校。
基本情報はhttp://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/1shu_short.htmlで確認できる。

日本学生支援機構「第二種奨学金(海外)」

応募資格

海外の大学、大学院の正規課程(学位取得課程)への進学(入学または編入学)者で、経済的理由により修学に困難があると認められ、以下①~④のいずれかに該当する人(海外の短期大学などに留学する場合も、海外の短期大学などを卒業後ただちに(1年以内)海外の大学へ編入学する目的の場合も対象)。

①日本の学校を卒業(見込みを含む)後3年以内の人。
②高等専門学校3年次修了(見込みを含む)後5年以内の人。
③高等学校卒業程度認定試験合格者(科目合格者、受験手続き済の者含む)。
④海外の大学を卒業(見込み含む)後3年以内の人。
給付内容 学部課程:月額3・5・8・10・12万円から選択
大学院課程:月額5・8・10・13・15万円から選択
応募時期 日本国内の在籍校または出身校に問い合わせること(応募資格②~④の人は日本学生支援機構に問い合わせること)。
問い合わせ先 日本国内の在籍校または出身校(応募資格②~④の人は、日本学生支援機構)。基本情報は、http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/2shu_kaigai/index.htmlで確認できる。

日本学生支援機構「第二種奨学金(短期留学)」

応募資格

日本の大学等に在籍し、海外の大学・大学院等への短期留学(主に3か月以上1年以内)者で、経済的理由により修学に困難があると認められ、以下の①~③のいずれかに該当する人。

①学生交流に関する協定等に基づく留学。
②留学により取得した単位が、日本で在籍する大学・大学院等の単位として認定される留学。
③大学院在籍中の学生の研究のための留学で、学校長が有意義と認めた留学。
給付内容 学部:月額3・5・8・10・12万円から選択
大学院:月額5・8・10・13・15万円から選択
応募時期 日本国内の在籍校に問い合わせること。
問い合わせ先 日本国内の在籍校。
基本情報は、http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kaigai/2shu_short.htmlで確認できる。

No. G05 日本政策金融公庫(国民生活事業)「国の教育ローン」2016年5月10日現在

融資対象

ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、 次の1または2の方

1.世帯の年収(世帯所得)が次表の金額以内の方

子供の人数(注)

世帯年収(世帯所得)  

1人

790万円(590万円)  

2人

890万円(680万円)  

3人

990万円(770万円)  

(注)1.「子供の人数」とは、お申込いただく方が扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。2.「4人以上」の場合は、コールセンターへお問い合わせください。

2.子供の人数が2人までの方は、上記金額を超えていても以下の①~⑦の要件のいずれかひとつを満たせば年収が990万円(世帯所得770万円)以内の方はお申し込み頂けます。

【要件】①勤続(営業)年数が3年未満、②居住年数が1年未満、③世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者、④借入申込人またはその配偶者が単身赴任、⑤今回のご融資が海外留学資金、⑥返済負担率*が30%超(*借入申込人の〔今後1年間の借入金返済額÷世帯年収(所得)〕)、⑦ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担

※今年の年収(世帯所得)が上記の金額以内となる見込のある方(要件に該当することになる方を含む)は、ご利用いただける場合があります。詳しくはコールセンターへお問い合わせください。
※世帯年収(世帯所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
※ご親族などでもご利用いただける場合があります。
※審査の結果、お客様のご希望に添えないことがあります。

融資の概要 融資額:学生・生徒ひとりにつき350万円以内(外国の短大、大学、大学院に6ヶ月以上在籍する資金として利用する場合は、450万円以内)、返済期間:15年以内(交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)、元金据置期間:在学期間以内、保証:(公財)教育資金融資保証基金の保証(連帯保証人による保証も可能)、金利:1.90%(母子家庭または世帯年収(世帯所得)200万円(122万円)以内の方は1.50%) ((公財)教育資金融資保証基金による保証を利用する場合は、別途保証料が必要)。(2016年5月10日現在)
申込期間 通年
問い合わせ先 日本政策金融公庫(国民生活事業) 教育ローンコールセンター 
Tel: (0570)008656(ナビダイヤル)、(03)5321-8656 (月~金 9:00~21:00、土 9:00~17:00 日・祝日、年末年始(12月31日~1月3日)を除く)
http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html