メニュー 

米国人対象奨学金制度

米国人対象フルブライト奨学金の募集は、それぞれ下記の協力機関が行っております。

研究者 CIES:
Council for International Exchange of Scholars
http://www.cies.org/

1.招へい講師プログラム
米国大学の教授、准教授等を対象とし、日本の四年制大学での人文・社会科学分野の講義を通じて、学生の「米国」に関する理解を深めることを目的とする。10か月(1学期のみも可)。約5名。
2017年度招へい講師、受け入れ大学の募集は締切りました。

2.講師・研究員プログラム
米国大学の教授、准教授等を対象とし、日本の大学で講義と研究を行う。10か月(1学期のみも可)。約2名。
http://www.cies.org/program/core-fulbright-us-scholar-program

3.研究員プログラム
全分野を対象とし、各自の研究テーマにそった研究を行う。3~9か月。約5名。
http://www.cies.org/program/core-fulbright-us-scholar-program

4.ジャーナリストプログラム
現役のジャーナリスト対象。各自の研究テーマにそった研究を行う。3~9か月。若干名。
http://www.cies.org/program/core-fulbright-us-scholar-program

5.国際教育交流プログラム
大学の国際化に関連した任務を行なっている者を対象とする。2週間の短期グループプログラム。約10名。
http://www.cies.org/program/fulbright-international-education-administrators-program-iea

研究者:
World Learning, Inc.
http://www.worldlearning.org/

6.フルブライト スペシャリスト プログラム
短期招へいプログラム。日本国内の受け入れ機関が申請を行う。2~6週間。6名。
詳しくはこちら

学生 IIE :
Institute of International Education
http://www.iie.org/

7.大学院研究生プログラム
人文・社会科学分野の大学院博士課程に在籍し、博士論文のための研究を行う者。または専門大学院(プロフェッショナル・スクール)在籍者対象。12か月。約13名。
http://us.fulbrightonline.org/countries/selectedcountry/japan

8.フルブライトフェロープログラム
全分野の大学新卒者が対象。東京地区以外の大学で、学位を取得しない研究、日本語の学習、日本文化・社会を広く体験することを目的とする。10か月。約6名。
http://us.fulbrightonline.org/countries/selectedcountry/japan